池田舎
富山で革小物を手作業で作っています。脳内はキャンプ・旅・愛犬・食べ物・DIYの事で占めています
http://ikedasya.blog100.fc2.com/

 

・・・続き

2010100104.jpg
ストックホルムへ行ったらどうしても行きたかった場所のひとつ
世界遺産でもある【森の十字架/スコーグスシュルコゴーデン】(Click!
 

more

朝からヒートテック上下(ロンTとレギンス)でキャッツアイごっこを楽しんでたらお腹ペコペコになったので朝食へレッツラゴー
2010100101.jpg
朝からキャンドルが灯されていてなんだかムーディ
レバーのパテ美味しい
朝からモリモリ食べちゃいました

ホテルのロビーにある無料PCを触っていたら、若い男の子に「日本の方ですか?」と声をかけられた
なんでもスウェーデンに留学するらしく下見と面接にきたとか
世間話をちょっとして今から面接?頑張ってねー!とバイバイ
若いってイイネ

こぐさん、不調・・・・大丈夫やろか・・・心配
↓不調ながらも可愛いものを見てテンションがあがるこぐさん
2010100107.jpg

kogu.jpg ねぇ・・・こんなことってある・・・・?


ハッ!嫌な予感!
スウェーデン・ダーラナ地方発祥の伝統工芸品ダーラヘストClick!)に乗ってお尻をぬらすこぐさん・・・・フッ・・・


ホテル最寄駅のホームで日本人らしき女性を見かけたので声をかけ、両替所について尋ねてみた
T-Centralenの駅までの短い間だったけどいろんなお話をさせていただいた
旦那さんがスウェーデン人でこちらに住んでいらっしゃるとの事
最近、日本の女性の間でスウェーデン人男性株上昇で結婚して移住されている方が多いのだとか
羨ましい!
だってスウェーデンときたら右見ても左見てもベッカムくらいのカッコイイ人がワラワラいるんやもん
もちろん、女性もすっごく綺麗な子ばかり
「何か困った事があったらいつでも連絡してね」
と連絡先のMEMOをくれバイバイしました
なんて親切な・・・・ゆうみさんありがとうこれでこぐさんがいつ倒れても安心★


とりあえずツーリストカードClick!)を買いにT-Centralenの駅へ!
SLセンターが開くまでちょっと早く着いたので広場をぶらぶら
2010100102.jpg
チラチラこちらを見ていたおばあさんがいきなり近付いて来て話し始めた
いきなりの事でビックリしたけど、戸惑う私達を安心させようと「私の名前は○○と言います」と名乗ってくれ、
「ここはちょっと危ない人もいたりするから、鞄はコートの下にかけなさい」
と言葉もろくに話せない私達に一生懸命伝えてくれた
初めて全て自分で手配して来た見知らぬ地への旅行
責任と不安でいっぱいいっぱいだった私はおばあさんのあたたかい笑顔と言葉に感動して涙が出そうになった
ありがとう、おばあさん

こぐさん、現金が必要なので、両替しに行く
2010100103.jpg
これまでひとりではほぼ英語に触れていなかったこぐさん
はじめてお遣いに出す母の心境で見守る(笑

SLセンターがOPENしたので、ツーリストカード72時間を購入
SLセンターに入ったら機械でチケットをとってね!順番が来たらナンバーで呼ばれるよ
これでローカル交通が72時間乗り放題です
 24時間カード 大人 70SEK 小人40SEK
 72時間カード 大人135SEK 小人80SEK
他にもストックホルムカードClick!)というものがあって、こちらはローカル交通乗り放題+美術館や博物館も無料で入る事ができます
 24時間カード 大人220SEK 小人 60SEK
 48時間カード 大人380SEK 小人120SEK
 72時間カード 大人540SEK 小人180SEK


さて、一番最初の観光は、ストックホルムへ行ったら絶対行きたかった場所
世界遺産でもある【森の十字架/スコーグスシュルコゴーデン】(Click!
Skogs-kyrkogarden駅は何番乗り場か強面のラジカセ(古)を肩に担いでいそうなお兄さんに聞いてみたら、私達がそのエスカレーターに乗るまでずっと見守ってくれてました
ほんとスウェーデンの人ってあったかい!
お兄さんありがとう


kogu.jpg ねぇ・・・こんなことってある・・・・?



ハッ!本日早くも2度目!
こぐさん、今までとれたことがないのにコンタクトを片方落とす・・・・
ちょっと探して諦めかけたら見つかったーーー
よかったよかった!
2010100105.jpg
Skogs-kyrkogarden駅に着いて出たら右へ
2、300メートル程歩いたら看板がでてきます
そこを右折すると・・・・
あ!
思わず息をのんでしまいました
曲がってすぐに遠くの方に見えてテンションあがるーー
2010100106.jpg
ここはスウェーデンの著名な建築家、Erik Gunnar Asplund/エーリック・グンナール・アスプルンドの建築【森の火葬場・森の墓地】(Click!
1914年にコンペ入賞後、26年の歳月を掛けて完成した「森の火葬場1940年」は彼の代表作であり、完成した年に死去しここで火葬され永眠につく
こんな素敵な場所にある墓地で眠っている人たちは穏やかな気持ちでいられると思うー
時間が本当に止まったかのようにゆっくりと流れている感じ
しばらく2人でのんびりぼーっと時間を過ごしました
来てよかった・・・・
こぐさんも元気を取り戻したしよかった


続く・・・・・

まだでないプレゼントキーワード(笑


*
関連記事
 

Comment

 

ひゃー素敵な所ですね^^
ホント!こんな素敵な墓地で永遠の眠りにつきたいです~

キャッツアイごっこ…
想像してしまいました

NAME:michi* | 2010.10.13(水) 11:15 | URL | [Edit]

 

Re:みっちー

ほんと素敵でしたよ~
墓地の方も素敵やったー(さすがに写真は撮らなかったけど)
ゆっくりとした時間が流れていましたよ

キャッツアイごっこ、写真もあるのだけど、さすがに・・・(笑
みっちーも今度やってみて~

NAME:池 田 舎 | 2010.10.13(水) 11:21 | URL | [Edit]

 

日記読ませてもらってて、ほんとに懐かしいです。
ホテルが一緒だと通る駅も場所も一緒だし、こぐさんが乗ってたダーラヘストもいたいた!
私は乗ってませんが。笑
森の十字架はほんと感動ですよね。
今まで見た景色のなかで一番印象深い気がします。
続き楽しみにしてます。

NAME:いわっち | 2010.10.13(水) 11:35 | URL | [Edit]

 

Re: いわっちちゃん

本当にイロイロ教えてくれてありがとー!
すごく参考になりました
そうそう、ホテルが一緒だし廻るところもほぼ一緒だったので、帰ってきてからまたいわっちちゃんの旅行記を見直して懐かしんでみたりして(笑
きっとまだまだ懐かしい画像が出てくると思うのでお楽しみに!
森の十字架、行ってよかった
思ったよりも小さかったけど、なんだろうね、あの迫力というかずっとそこにある存在感
あんな素敵な場所で眠っている方々がうらやましい

NAME:池 田 舎 | 2010.10.13(水) 12:32 | URL | [Edit]

 

笑った~~miケ目線の日記うけるぅ
けど
こぐ記憶だとゆうみさんにあったのは次の日のような気がする・・・
トイレについて聞かんかったっけ?

トイレについて異常に反応(笑)

NAME:こぐま | 2010.10.13(水) 22:55 | URL | [Edit]

 

Re: こぐさん

ぎゃはー
家族連れの方に聞いたと思ってたー
ゆうみさんに聞いたのね
でも・・・次の日の日記まで・・・まだ・・・まだ・・・・フッ

まさか「rest room」が通じないとは思わなかったーー
アメリカ英語とイギリス英語の違いをまざまざと身をもって知らされるとは!(笑

NAME:池 田 舎 | 2010.10.13(水) 23:44 | URL | [Edit]


秘密にする

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

instagram


こてつ (3)
未分類 (7)
革の事 (355)
革小物教室 (174)
日常 (312)
おでかけ (300)
おでかけ 食 (富山県) (125)
おでかけ 食 (石川県) (5)
おでかけ 食 (滋賀県) (1)
おでかけ 食 (岐阜県) (1)
旅 (115)
旅(2010年北欧旅行) (52)
旅 (滋賀県) (0)
旅 (長野県) (1)
アウトドア (106)
キャンプギア (5)
キャンプ (富山県) (17)
キャンプ (石川県) (2)
キャンプ (岐阜県) (5)
キャンプ (長野県) (1)
キャンプ (新潟県) (1)
キャンプ (山梨県) (3)
キャンプ (静岡県) (4)
キャンプ (滋賀県) (3)
DIY / ハンドメイド (14)
料理 (69)
おやつ (32)
インテリア&雑貨&ファッション (38)
ソープクラフト (49)
東北地方太平洋沖地震(東日本大震災) (7)
写真 (31)

池 田 舎

Author:池 田 舎
富山県で革小物作家をしています。
革小物を作ったり教えたり

HP■http://ikedasya.jp
BLOG■http://ikedasya.blog100.fc2.com/
mixi■http://mixi.jp/show_profile.pl?id=26328945&level=4
Facebook■http://www.facebook.com/ikedasya

QRコード

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 池田舎, all rights reserved.
まとめ